Home / ビル経営 / 「空室がなかなか埋まらない…」問題はビルリノベーションで解決できる!?概要やメリットを紹介

「空室がなかなか埋まらない…」問題はビルリノベーションで解決できる!?概要やメリットを紹介

ビルオーナーの方には「なかなか空室が埋まらない」という悩みを抱えている方もいらっしゃるかもしれません。入居者から見たビルの「魅力」を向上させる方法の一つとして、ビルリノベーションが注目を集めています。入居率向上のための施策の一つとして、ビルリノベーションのメリット・魅力を考えてみましょう。

(写真=Sergey Nivens/Shutterstock.com)

リノベーション=価値の高いビルに再生すること

リノベーション(renovation)とは、「修復」や「再生」、「刷新」を意味する英単語。一般的に不動産やビル管理の分野においては、既存の物件に手を加えて、これまでよりも魅力的な物件に改善していくことを指すケースが多いようです。

混同されやすい言葉として、「リフォーム」があります。しかし「リフォーム」はあくまでも「原状回復のための修理」を指すケースが多く、「現状の物件の魅力をさらに向上させる」のは「リノベーション」と呼ぶのが一般的です。

ケースによりますが、ビルのリノベーションでは間取りの改変や、水回りの位置変更を行い生活動線の変更を行うほか、内装のデザインもより現在風にすることが多いよう。

時代や周辺環境のニーズに応えることで資産価値の向上が見込める

ビルのリノベーションを行うとどのようなメリットがあるのか、簡単に紹介しましょう。

どんなビルでも「新築」の時期がありました。しかし、年月の経過に伴って少しずつ世間のトレンドも変化します。新築後数十年が経過すると設備や内装デザインが、言わば「時代遅れ」になってくるものです。そうした際に、ビルリノベーションを行うことで、現在ニーズのある間取りやデザイン、設備などを取り入れることができます。

時代のニーズに即した物件を手に入れたいと思うなら、「新築物件を購入すればいいのでは……」と考える方もいるでしょう。しかし物件購入するとなると高額な費用がかかってしまいます。

つまりリノベーションならば、費用を抑えつつ、時代や周辺環境のニーズに応える物件にビルを刷新することができるのです。これにより入居率の向上も見込めるでしょう。マンションやビルの資産価値の経年劣化を防ぎ、上手くいけば価値を向上させることも可能な手段と言えるでしょう。

これから中古物件を購入予定の人もリノベーションを考慮に

ビルリノベーションは新築物件を購入する場合と比較して、低費用で物件をアップデートすることができます。

現在ビルを保有している方は、入居率向上のための施策の一つとして、ビルリノベーションを考えてみてはいかがでしょう。さらに、これから中古ビルを購入しようとしている方は、「リノベーションによってどの程度物件の訴求力を向上させることができるのか」という観点で物件選びをするのも良いかもしれません。